たっぷり滑れる日帰りスノボツアーの選び方

予算が少ないし、連休が取れないからなかなかスノーボードに行けないなんて方にとって、日帰りスノボツアーは強い味方です。


しかしツアーによっては朝10時に到着して、帰りの時間を考えると15時には上がらなければならないなんてこともあり、満足に滑れずに帰る方も多いと思います。

そこで、日帰りでもたっぷり滑れるスノボツアーの選び方をお教えします。



まずは交通手段です。


主にバスか新幹線に絞られますが、ズバリ「夜発バス」を選びましょう。

都心からですと新幹線が便利で移動時間も短いため重宝しますが、新幹線は朝発であり、しかも大抵は駅よりバスで移動となり、結局は滑り出しの時間が遅くなりがちです。


その点夜発バスは夜間に移動し、早ければ早朝にスキー場に直接送り届けてくれますのでリフトが動き出すまでにしっかり準備が出来ます。



次はスキー場ですが、だれでもコースも多く、バリエーションに富んだ魅力的なスキー場を選びたいと思いますが、今回は貴重な日帰りですから「たっぷり」滑るために注目する点は、バスが到着するスキー場の順番です。

ご存知がもしれませんが、バスに乗っている方が全員同じスキー場で降りるわけではありません。

到着の早いスキー場であれば時間に余裕をもって準備もでき、当然滑る時間も確保できます。

早く着きすぎても時間が余ってしまいがちですが、場所によっては更衣室兼仮眠所を備えてることもあるので、深夜バスで疲れた身体を少し休めることが出来れば一石二鳥です。

しかも、お迎えは到着した順番と逆になることが多く、早く到着すれば遅くまでたっぷりとスノーボードを楽しめるという、一石三鳥となる場合もあるんです。



バスの到着時間やお迎えの時間はパンフレット等に記載してあることが多いため、確認して早着のスキー場を選びましょう。

深夜バスでの日帰りはハードですが「時は金なり」どうせ同じ金額ならたっぷりスノボツアーを楽しんでください。